メガネと古書

店舗での買取り

古書の買取りをおこなっている専門店はありますので、みなさんの近くに店舗があるのであれば直接持ち寄るのが早いでしょう。しかし、査定結果に納得いかずキャンセルする場合は無駄足になる可能性も高いので覚悟しておきましょう。

古本と古書の違い

平積みになっている古書

書籍というのは自身の知識を広めるためにも重要なモノです。
しかし、電子書籍の登場によって紙媒体の書籍を購入する人が減り、「若者の活字離れ」も大きな問題となりました。
また、電子書籍を多用するようになったことで、これまで購入してきた書籍を読まなくなったという人もいるでしょう。
書籍はどんな作品でもそれなりの厚みがあり、複数冊にもなれば意外とスペースを取ってしまいがちです。
そこで、もう読まなくなってしまった書籍は買取りに出して、キレイさっぱり処分してしまいましょう。

古本買取りをおこなっている店舗も増えていることから、みなさんの身近な場所にもあるかもしれません。
店舗に不要な書籍を持っていけば、モノや状態に応じた買取り金額を査定してもらうことができます。
その金額で満足するのであればそのまま買い取ってもらえますし、不満であればキャンセルして持ち帰ることもできます。
しかし、古本買取り専門店に持って行った書籍の中で、モノによっては取り扱われていない書籍もあります。
もしかするとそれは「古書」なのかもしれません。

「古本」と「古書」は似ているようですが、異なるモノを指す言葉です。
業者によっては古本と古書を区別して買い取っていることも多いので、まずは両者の違いを理解しておきましょう。
古本は、まだ比較的新しい書籍を指す言葉で、出版社に在庫がある、もしくは品切れとなったまだ間もないモノを言います。
一方、古書とは絶版となってから長い年月を経て、高価な付加価値がついているモノを言います。
特に国宝級とも言えるような価値を持っている古書は「古典籍」とも呼ばれ、高値で買い取ってもらえますよ。

電卓を持っている男性

買取り方法いろいろ

古書の買取り方法には、店舗に持ち寄る以外にも郵送と出張サービスがあります。どちらも便利な方法なのですが、欠点もあることを忘れてはいけません。どの方法にしても長所と欠点があるので、じっくり考えてみましょう。

古書

「身近なところにお宝が?!読まない古書を買取り査定してもらおう!」の記事一覧です。